コンタクト

アドレス(URL): http://web.mac.com/nickwoodworld

自己紹介文

1964年、英国リバプール生まれ。19歳の時に、ジョージ・マイケルを発掘したディレクターとして知られるマーク・ディーンによりヴァージン・レコードと契約を結び、以来、作曲、制作を行ってきた。
1989年デュラン・デュランのサイモン・ル・ボンらとともに、Synを設立する。以来今日までの間にNike、BMW、フォルクスワーゲン、 アウディ、トヨタ、ソニー、資生堂、キリン、ハーゲンダッツ、KDDI等々、1000を超えるCM音楽の作曲とプロデュースを手掛けている。

2002年にはキリンのラブスポーツキャンペーン曲であるシングル、“パッション”が日本のオリコンインターナショナルチャートでナンバー1を記録する。“パッション”は2002年サッカーワールドカップ期間中にオンエアされ、2006年の開催時にも流される。

2004年にリリースされたシングル“Free”はau by KDDIのデザイン携帯“talby”にプリインストールされた初の携帯用サウンドトラック。

また長年の間、映画音楽の制作にも熱意を注いできた。これらには、ヴィム・ヴェンダース監督の“Dream Island”、サイモン・ル・ボンと共作したマリオ・ヴァン・ピープルズ映画“Love Kills”、ジュリアン・レノンとともに手掛けた“遠い海から来たCoo”などが挙げられる。

5月31日には “Passion – The Game of Life”というタイトルで英語の歌詞、モスクワ・シンフォニー・オーケストラそして屋敷豪太のドラムスを収めたPassionの新バージョンをマキシシングルとしてリリースする。このCDにはHase-Tそしてニューヨークのダニエル・リーによるリミックスが2曲収録されている。