トップページ | 2006年5月 »

2006年4月22日 (土)

「あさば」 〜修善寺にて〜

Asaba
「あさば」はおそらく日本で指折りの、温泉宿の一つである。何年も前から行きたいと思っていたが、なかなか予約を取ることができずにいたので、今回は、数ヶ月前から予約をし、マーク・ニューソンと出かけることに成功した。修善寺はとても美しい街で、私はここの雰囲気や純粋な美が好きだった。また、修善寺に改装が施された数年後に、元の様式に再構築されたという点も気に入った。あさばは、修善寺から数分の距離に位置し、入り口から内装まで評判通りの目を見張る美しさを誇る。また、あさばは、その敷地内湖畔に能舞台を有する事でも有名で、事前予約すれば舞台に面した部屋からも見学することができる。これは、非常に便利で、舞台がつまらないと感じたらCNNでラリー・キングのインタビューを見ながら、といった事が可能である。
ひとつだけ不満があるとすれば、「作り込まれた」感を感じる場面も多々ある事だ。全てのタオルには一流の高級ホテルグループ、シャトー・ルレのロゴがあしらわれており、(日本の伝統旅館に求められるテイストとは異なる。)食べ物も素晴らしかったが、コースのメインディッシュがステーキで、それはもちろんおいしかったけれどもし選択肢が与えられたのであれば、魚を選んでいただろう。温泉もとても良かったが、やはりお風呂に浸かるという意味ではここよりも良いところに行ったことがあるな、という印象だった。勘違いしないでほしい、お金で買える最も素晴らしい価値ある場所だし、決して安くはない。けれど私が好きな温泉はもっと素朴で伝統的と呼ばれる所かもしれない。あさばに行く機会があれば、値段相応のすばらしさは補償される。そして、必ず舞台が見える部屋を予約する事をお薦めする。

Asaba is probably one of the top five onsens in Japan. I’ve been trying to go for years, but never managed to get a reservation, but this time I booked a couple of months in advance and went with Marc Newson for one of our onsen trips out of Tokyo. Shuzenji is really a beautiful town, I really like the feeling, atmosphere and the sheer beauty of the place and it was really nice to see the Temple(check the name?) restored to it’s former beauty after several years of renovation. Asaba is only a few minutes walk from the Temple and is breathtakingly beautiful, both entrance and the inside live up to their amazing reputation. Asaba is famous for having a private Noh stage located on a small lake, if you book in advance, you can actually watch a show from one of the rooms facing the stage, which could be quite handy if the show is a bit boring, you can always have CNN on in the background to see who Larry King is interviewing.
My only problem with Asaba was that it felt a bit to up market, “not real” in some ways. The towels all had the Chateau Relais logo, which is a high class group of select hotels, very prestigious, but not something you’d expect from a Japanese traditional hotel. The food was really excellent, except they served Steak for the main course, which was good, but I would have preferred fish if there was a choice. The Onsen was really nice, but again, I’ve been to better places that specialize in ritual of bathing. Don’t get me wrong, this is one of the best places money can buy and trust me, it’s not cheap, but my favorite onsens are more down to earth, more traditional perhaps. If you ever get the chance to visit Asaba, it’s well worth the price and make sure you get a room looking over the stage, it really is beautiful.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

Foundation Cartier Opening at MOT

0011_1
昨夜、木場公園内MOT現代美術館で開催されるカルティエ現代美術財団コレクション展に先駆けて行われたオープニングに、東京の著名人達がこぞって集まった。私が個人的にこの展示会をとても楽しみにしていたのは、大親友マーク・ニューソンがデザインしたコンセプトジェット“Kelvin 40”が遂に東京に上陸し、公開されることになったからだ。マークについて少し説明すると、彼は世界で最も優秀なインダストリアルデザイナーで、Synのスタジオwww.synentertainment.comのデザイナーでもあり、またauのTalbyをはじめ、Nike、Samsonite、G-Star、Fordなどのブランドから数多くの素晴らしい作品を生みだしている人物なのだ。

“Kelvin 40”は、カルティエ展の中でも圧倒的な存在感で、ジェームス・ボンドの映画に出てきそうな二人乗りの未来的なジェットだ。私は“Kelvin 40”に愛着があり、マークがイギリスで組み立てている時から何度か見に行ったりもした。この作品作りには2年近く掛かり、とても楽しんで取り組んでいたのは間違いないと思う。また、私はマークがKelvinを組み立てているところやその他の作品作りをしている姿を追ったドキュメンタリー映像をプロデュースしたので、カルティエ展を訪れる方は会場に併設しているショップ、またはwww.amazon.co.jpで購入できる。
マークのauの携帯電話Talbyのテレビコマーシャルソングとして使われた”Free”は、実際“Kelvin 40”に刺激を受け作曲した。歌詞は、”Kelvin”に乗り自由に羽ばたく空想の旅をイメージしている。
The who’s who of Tokyo came out in force last night for the opening of the Foundation Cartier exhibition at the MOT Metropolitan Museum in Kiba Park. This exhibition is particularly exciting for me because my best friend Marc Newson’s concept jet “Kelvin 40” has finally arrived in Tokyo for everyone to see. For those of you who don’t know Marc or his work, he’s the best industrial designer in the world and happened to design Syn studios www.synentertainment.com and a whole host of other amazing products for companies such as AU’s Talby, Nike, Samsonite, G-Star, Ford and many more www.marc-newson.com
“Kelvin 40” is the most amazing piece in the Cartier collection by far, it’s a futuristic 2 man jet, that looks like something from a James Bond film. I’m very close to “Kelvin 40” and visited Marc on several occasions whilst he was building the jet in England. It took him close to 2 years and it really was a labour of love. I actually produced a documentary about Marc Newson following the construction of Kelvin and his other products, so if you are visiting the Cartier exhibition, you can purchase the DVD in the shop or from a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006ZXEUM/249-9976378-1752304"target="_blank">www.amazon.jp. The trailer for the Marc Newson DVD is available on nickwoodworld
“Kelvin 40” was actually the inspiration behind my song “Free” which was used in the TVC for Marc’s AU mobile phone Talby. The lyrics are a fantasy journey using Kelvin,
“I’ve a dream to take you way up high, above the clouds to outerspace we’ll climb”. The promotion video for “Free”, including a guest appearance from “Kelvin 40” is available on nickwoodworld and if you want to buy the song, please visit www.i-tunesjapan.co.jp or amazon and you can also buy the CD at the museum shop.



マーク・ニューソン

DVD
マーク・ニューソン

販売元:日本ソフトサービス

発売日:2005/01/26

Amazon.co.jpで詳細を確認する




フリー

Music
フリー

アーティスト:ニック・ウッド

販売元:インディペンデントレーベル

発売日:2004/12/22

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

Composing the music for “The Dialogue”

Picture_4_1
あと少しでDVDシリーズ「ザ・ダイアログ」のテーマソングが完成する。ハリウッドの著名な脚本家達が自分の作品に関してインタビュー形式で語るという、深い内容のシリーズである。第一完では、「ミリオン・ダラー・ベイビー」や「クラッシュ」(つい先日ベスト・ピクチャー・アカデミー賞を受賞した)の脚本家であるポール・ハッギス、そして「ファイト・クラブ」の脚本家ジム・ユーヒス、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のスチュアート・ビーティー、「ザ・ロンゲスト・ヤード」のシェルドン・ターナー、「バットマン・ビギンズ」のデイブ・ゴイヤーそして、「オーシャンズ11」を書いたテッド・グリフィンが登場する。全てのインタビューは、業界に詳しいハリウッドの重鎮マイク・デルーカによって行われているため、気の利いた、視聴者を引きつけるエンターテインメント性の高い内容となっている。このように映画業界の側面を紹介した作品は過去になかったので、個人的にも全6巻のインタビューを見て、達人から学びたいと思っている。
このシリーズを企画した、アレックス・ホーバートは私の良き友人であり、彼にオープニングとテーマソングの作曲を依頼された。音楽のディレクションはよくあるテレビのテーマソングとはひと味違ってとてもおもしろいと思う。タイトル、映像に合わせて独特なサウンドパターンとサウンドテキスチャーを編み出すよう試みた。ロジックを使って、ピアノやベースなどの生音を収録。これに、エレクトロニックのドラム、ビート、サンプリングをフューズした。五十嵐渉にはギター、またアレンジ、エフェクト、映像合わせなどにも携わってもらった。トラックは、Synスタジオで赤工隆によってミックスされた。
連載のトレーラーに興味のある方は、こちらをご覧ください。www.thedialogueseries.com
I’m close to completing the music for a DVD series called “The Dialogue”. It’s an in depth series of interviews with high profile screen writers from Hollywood talking about their kraft. The first series features Paul Haggis who wrote “Million Dollar Baby” and “Crash” (which just won the best picture at the academy awards), Jim Uhls who wrote “Fight Club”, Stuart Beattie who wrote “Pirates of the Caribbean”, Sheldon Turner who wrote “The Longest Yard”, Dave Goyer who wrote “Batman Begins” and Ted Griffin who wrote “Ocean’s 11”. All the interviews are hosted by the Hollywood heavy weight Mike De Luca(former president of New Line & Dream Works), who’s knowledge of the industry ensures the interviews are intelligent, engaging and entertaining.
My good friend Aleks Horvart who conceived the series asked me to write the music, so I’ve composed the opening and end theme. The music direction is pretty interesting, not your typical TV theme show tune. I tried to weave a unique pattern of sound textures to match and enhance the title sequence. Working on Logic, I recorded quite a few live sounds such as piano and bass and fused these sounds with electronic drums, beats and samples. Wata Igarashi added guitars and helped with the arrangement and music effects. The track was mixed by Tak Akaku at Syn Studios. If you want to see the trailer for the series, please visit www.thedialogueseries.com . There is nothing else available on DVD that covers this very important side of the film industry, so I'm really looking forward to watching all 6 interviews.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月19日 (水)

Dinner At Muy, Tokia Bldg. Maranouchi

4_4
たくさんの人と同じで、私は家の近所周辺で出かけることが多い。麻布十番に住んでいてこの辺りのことを良く知っているけど、結局いつも同じお店に行ってしまう。折角だから少し他を冒険しようと思い、慣れた居心地のいいエリアから抜け出して、普段あまり行かないような場所を開拓してみようと決めた。

早速先週末は、丸の内に新しくできたばかりのTOKIAビルに行くことにした。まずは、1Fにあるフレンチ・ブラッスリーVironでグラスシャンパンをオーダー。本格的な料理とリーズナブルなメニューはまた訪れる価値はあるとしても、シャンパンはグラスで\1,600と、少々高すぎる値段設定。これはブラスリーというよりもむしろホテルが出している値段では?

次にスパニッシュ・タパス BAR de ESPANA MUYに挑戦するべく、2Fへ。東京駅を見渡す事のできるカウンター席に座ると、数分毎に通過する電車が見える。東京が大好きなことを改めて確認させてくれるような強いエネルギーをもらった。このレストランは、内装のデザインが良く、新鮮な素材を使って店員が料理をしている姿が見えるカウンターサービスも気に入った!けれど、店内で流している、お客さんにも景色にも食事の内容とも結びつかない本格的なハウスミュージックが気になったので、もちろん店員に一言。

1本7,000円のLanzaga Rioja 2001を頼んでみた。これは結構おいしいかった。私はスペインワインのエキスパートではないし、店員もそうは見えなかったので、そのワインはまぐれだったかもしれない。食事もなかなかよかった。タパスという小皿料理をいくつも頼んだ – ガーリックとトマトのバゲット、チョリソソーセージ、ツナサラダ、サーディーン、蛸とポテトと海老のオリーブオイルとガーリックの和え物。全体的によかったと思う。これまで食べたスペイン料理の中で一番ではないけど、雰囲気(音楽を除いて)はいいし、フレンドリーなスタッフとリーズナブルな値段(二人で13,000円)はよかった。とてもいい外食だったと言えるし、これからも十番以外のところに出かけて新しい場所に挑戦していこうと思う。お勧めがあれば是非教えてください!

Like most people, I’m most comfortable hanging out in my local neighborhood. I live in Azabu Juban and know the area really well, which means I end up going to the same places most of the time. I’ve decided to expand my horizons, go beyond my comfort zone and visit areas I wouldn’t normally go to.
This weekend, I decided to go to Maranouchi’s newest building Tokia. I started off with a glass of champagne at the French Brasserie on the 1st floor called Viron. It’s very authentic and the menu looked worthy of another visit, however, the Champagne was over priced, ¥1,600 per glass which is not typical Brasserie prices, but more like a hotel.
I went up to the 2nd floor to try Muy, the Spanish Tapas restaurant. I sat at the counter with a great view of Tokyo Station, trains passing by every few minutes really gives the place a strong energy that made me appreciate why I love Tokyo so much. The restaurant is well designed, I liked the counter service, seeing the team cook and the fresh produce on display. The music was really bad, they where pumping out hardcore house music, which didn’t match the location, view or origins of the food, it really bothered me so of course I told them.
I ordered a bottle of Lanzaga 2001 Rioja for ¥7,000 it was pretty decent. I’m no Spanish wine expert and neither where the staff, so it was guess work on my part. The food was pretty good, I ordered plenty of Tapas, small dishes such as bread with garlic and tomatoes, chirizo sausage, tuna salad, sardines, octopus with potatoes and prawns cooked in olive oil and garlic. Overall, it was pretty good, not the best Spanish food I’ve eaten, but the atmosphere (apart from the music) was good, service friendly, price was reasonable ¥13,000 for 2. It was a nice evening out and I’m encouraged to continue looking for and trying new places outside of Juban, recommendations welcome!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »