« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

えびちゃんとFuji Film Fine Pix CM

Fujifilm
Ebichan

時の人エビちゃんの顔を飽きるほど見続けて(映像と合わせて制作を行っているため)最新の富士フィルムFine Pixコマーシャル用音楽のディレクションが今終わった。このコマーシャルは私の古くからの友人、ヒラノマコト監督のもと制作された。これまでにも彼とは、カネボウのテスティモやソニーのプレーステーショングランツーリズモなどでコラボーレーションした事がある。映像の制作はピラミッドフィルムズの宮下東洋さん、音楽の作曲は五十嵐渉、音楽プロデュースは日向直子、ミックスは赤工隆による。そしてボーカルはKCという最近発掘した新しいアーティストで、今後のプロジェクトでも活躍するであろう人材だ。

I’ve just finished directing the music for the latest Fuji Film Fine Pix commercial staring the face of the moment, Ebi-chan. The commercial was directed by my long time friend Makoto Hirano, who’s past collaborations with Syn include Kanebo Testimo and Sony Playstation’s Grand Turismo. The TVC was produced by Toyo Miyashita of Pyramid films, music was composed by Wataru Igarashi, produced by Naoko Hyuga and mixed by Tak Akaku. Vocals where performed by KC who is a new artist I’ve discovered and whom I’ll be featuring on other projects in the near future.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

Diamonds Are Forever "DTC Mix"

Dtc
これは、ここ12ヶ月の間ダイアモンドトレードカンパニーのために制作した2曲目のカバーソングである。昨年は、南アフリカのダイアモンドを主題にイベントが開催され、その際にもこの名高い曲を南アフリカンテイストにアレンジしたバージョンの制作を依頼された。今年は、6月7日にグランドハイアットでボツワナをフューチャーした祝祭が行われるので、今回はボツワナフレーバーを入れたバージョンの制作依頼を受けた。Diamonds Are Foreverがどのようにしたらアフリカンになるのか、と思うだろう。そう、これは簡単なことではなかったが私達は素晴らしい作品を仕上げたのである!このような作業を実現させるには特殊なチームが必要になり、その手配を過去3ヶ月かけて行っていた。大江達也さん(キャプテンファンクのDJネームでも有名)が楽曲のアレンジを手掛け、このトラックにトライバルなリズム、格好いいグルーブ、そして複雑とも思えるようなサウンドをミックスし完全に新しいレベルへ引き上げてくれた。LA在住のギャリー・グリフィンによりレコーディングされたリードボーカルのボベット・ジャミソン・ハリソンは、私が今まで一緒に仕事をしてきた中でも最高で非常に力強い、ソウルフルな声の持ち主だった。エマニュエル・ブロドフが3人のアフリカンシンガー、ニャーマ・カンテ、ビー・ビー・モーフランク、ダウディー・ジョセフ(彼は、ギターも演奏)そしてジャンベプレーヤーのボウバ・ゲイを紹介、ディレクションを行った。DTCのイベント以降、この曲がどのように使われるのか分からないが、Synレコードから発売し、この素晴らしいバージョンをみなさんに聞いていただけたらと願っている。

This is the second cover of this song I’ve produced for the Diamond Trade Commission in the last 12 months. Last year they hosted an event for South African diamonds and asked me to produce a cover of this classic song with a South African flavor. On June 7th, DTC will host another gala evening at the Grand Hyatt for Botswana to celebrate 40th years of independence and their thriving Diamond industry. You might be wondering how we gave Diamonds Are Forever the sounds of Botswana, well it’s not easy, but we did it and it’s really fantastic. To pull something like this off requires a really special team, which we’ve been assembling over the last 3 months. Tatsuya Oe (captain funk) arranged the song and he really took it to a completely new place with a mix of tribal rhythms, hip grooves and sophisticated sounds. Lead vocals where recorded in LA by Gary Griffin and performed by Bobette Jamison-Harrison, she has one of the biggest most soulful voices I’ve ever had the pleasure of working with. Emanuel Brodoff introduced and directed the 3 African singers Nyama Kanté, B.B. Mo-Franck and Daudi Joseph who also played guitar and Djembe was performed by Bouba Gay. I’m not sure what will happen to this song after the DTC event, but I’m hoping Syn Records will be able to release the song so everyone can hear this great new version.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

IPC TVのインタビュー


今日、パッションの新曲リリース発表を行うため、シルビオ・アナスタシオとともにIPCテレビのインタビューを受けた。シルビオはこの曲のオリジナルバージョンでボーガルを担当、またポルトガル語の歌詞を書いている。シルビオは、自身のバンドVista Azulとともに週5日コンラッド東京ホテルで演奏をしているのでそこで彼のパフォーマンスを見る事もできる。
IPCはスカイパーフェクトTVのチャンネル333で日本在住のブラジルコミュニティーに関して/向けて発信される番組である。

I was interviewed by IPC TV today with Silvio Anastasio for the new release of Passion. Silvio sang vocals and wrote Portuguese lyrics on the original version of the song and you can hear him sing at the Conrad Hotel Tokyo five nights a week with his band Vista Azul.
IPC reports on news relating to the Brazilian community living in Japan on channel 333 Sky Perfect TV.Ipc_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Luis DeAndaのさよならパーティー

Luis
私の良き友人でTBWA Japan勤務のルイスが、残念な事に日本を離れ、ニューヨークのオフィスへ転勤する事になった。そこで、先週西麻布のVerandaでお別れ会が催された。ルイスは日本に住んでいた4年間で、Adidas、Apple、Haagen Dazsなどのプロジェクトに携わっていた。(これはおそらく彼が関わった数多くの仕事のごく一部だろう)お互いを知ったのは最近だが、うまが合い、すばらしい仕事関係を築かせてもらった。最近のキャンペーンではさらに意気投合した事もあり、彼が去っていく事実はとても悲しい。けれど、ルイス、えりさんそして生まれてくる子供と共に是非ニューユークで頑張ってほしいし、また心から幸運を祈っている。

My good friend Luis of TBWA is sadly leaving Japan to work in their New York office. Luis has lived in Japan for 4 years and has worked on accounts such as Adidas, Apple and Haagen Dazs. I’ve not known him that long, we really hit it off the first time we met and had a great working relationship. I’ll be sorry to see him go and I wish Luis, his wife and their forthcoming baby all the best in New York.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

誕生日

Birthday_2
Birthday
私は、毎年自分の誕生日を祝って楽しんできたが、今年は格別だったと言える。最終的に、3日間連続で誕生日ディナーがあり、その皮切りは5月12日金曜日にニンニク屋で行われたSynチームによるサプライズパーティーだった。私は18年間、ニンニク屋に通っていることになるが、ニンニク屋の食事はいつも美味しく、日本に住み始めたばかりの頃に迎えた日本での初誕生日の祝いを遠い昔行った事もあり、42回目の誕生日を祝う場所としていい選択になった。そしてSynチームのみんなは、今夏スタジオで履ける雪駄をプレゼントしてくれた。ありがとう!

続いて土曜日の夜は恵比寿ガーデンプレスのRobuchonでグルメディナーだった。以前六本木ヒルズのAtelierには行ったことがあるが、今回行った恵比寿ガーデンプレス1Fのシャトーも目を見張るすばらしさだった。次回は是非2Fの超高級レストランに挑戦したい。特に誰かに招待いただければの話だが。

最後に実際の誕生日であった日曜日の夜は、行きつけの代官山Tableux。おいしいシャンパン、素晴らしい食事を仲間と一緒に楽しんだ。その後は、十番に住む友人の自宅に招待されシャンパンをご馳走になった。そこでも夏のサンダルをプレゼントされた。今年の夏は友人達に足のにおいを気遣われているようだ。

I’ve always enjoyed celebrating my birthday and this year was particularly good. I ended up having 3 consecutive birthday dinners which started off on Friday May 12th with a surprise dinner hosted by the Syn team at Ninikuya Ebisu. I’ve been going to Ninikuya for about 18 years and the food is always amazing, one of my first birthdays’ in Japan was at Ninikuya, so this was a really great idea to go back for my 42nd birthday. The Syn team also presented me with a pair of Setta to wear in the studio this summer. Thanks!

Saturday evening was a gourmet dinner at Robuchon at Ebisu Garden Place. I’ve tried Roppongi Hills L’Atelier restaurant before, the 1st floor dinning at Ebisu Chateau was also very impressive. Maybe next time I’ll try the super expensive 2nd floor restaurant, especially if I can go as someone’s guest.

Sunday evening, my actual birthday dinner was at Tableux in Daikanyama, another old favorite, the food, Champagne and company where all excellent. After dinner I was invited for more Champagne at my good friends house in Juban and received another pair of Sandals. Are my friends concerned about the smell of my feet this summer?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都ホテルの撮影

Birthday_1
ここ4ヶ月、白金の都ホテルから発売されるCD制作に取りかかっていた。ホテルのマネージャーであるジョン・バンタに人目をひき目立つようなフロントカバーを、との依頼を受け、美しい日本人モデル長澤瞳さんをジャケットの被写体として起用した。Synのブレンドン・スメールが撮影のアートディレクションを行い、写真家の荒川弘之さんは素晴らしい作品を仕上げてくれた。CDに収録されている曲はコンテンポラリーなアジアンサウンドを織り交ぜたアンビエントでホテルのスタイルが汲みされている。近いうちにこのCD発売の発表をする予定だ。

For the past four months, I’ve been working on a new CD for the Miyako Hotel in Shirokane. The hotel manager John Banta insisted that the front cover should be really eye catching, so we cast Hitomi Nagasawa, the beautiful Japanese model for the CD jacket. Brendon Smale of Syn art directed the shoot and the photographer Hiro Arakawa did an amazing job. The music for the CD is ambient, with a contemporary Asian sound that really captures the mood and style of this hotel. I’ll be announcing the release of the CD in the near future.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

Passion - The Game of Life 完成!

Picture_1
Passion - The Game of Life (2006/ 6/ 7日発売開始) ¥1,050

“Passionの新しいバージョン、”Passion - The Game of Life”のレコーディングとマスタリングを終えた。制作を始めたのはモスクワ・シンフォニー・オーケストラとレコーディングを行った2004年の5月。今年2006年4月になって再始動し、ロサンゼルスにいるギャリー・グリフィンとフィリップ・バードウェルにコーラスをレコーディングしてもらう様、英語の歌詞を付けた。制作のハイライトはSynスタジオで行ったレコーディングで、アーティストはドラムスに屋敷豪太さん、ベースに根岸孝旨さん、ピアノに大島俊一さんが参加した。五十嵐渡のアコースティックギターを録り、赤工隆がエンジニアとして収録とミックスを担当。これは長期のプロジェクトとなり、この制作過程をドキュメント形式に追っている映像があるので、メーキング場面をのぞいてみたい方は、5月末アップ予定のビデオポッドキャストをご覧下さい。
このEPには、他にもPassionのニューバージョンとして、Hase T リミックス、ダニエル・リーリミックス、また、現在キリンの「ラブスポーツ」キャンペーンで使われているオリジナルバージョンももちろん収録されている。

このEPの新しいパッケージデザインはロンドンのNorth Designが行ったもので、個人的に今まで発売されたどのPassionよりも気に入っている。

Passion - The Game of Life (in store June 7th, 2006) ¥1,050

I've now finished recording and mastering the new recording of Passion – The Game of Life. I started production on this song in May 2004 when I worked with the Moscow Symphony Orchestra. I resumed work on the song during April 06, writing and recording English lyrics in Japan and backing vocals in LA with Gary Griffin and Philip Bardowell. One of the highlights of the production was to record drums with Yashiki Gota and his team Takamune Negishi on bass with and Shunichi Oshima on piano. Wata Igarashi recorded acoustic guitar and Tak Akaku recorded and mixed the song. It's been a long project and we've documented the making of this version along the way, so If you are interested in seeing more on the making of this song, I’m going to release a video podcast toward the end of May, 2006.

Other versions of Passion included in this new EP are Hase T's remix, Daniel Lee's remix and of course the original version of Passion which is currently on air for the Kirin "Loves Sport" campaign.

The new artwork for this EP was designed by North Design who are based in London, I think this is the best Passion design so far, I love it!



Music
パッション・アンセム

アーティスト:ニック・ウッド

販売元:ビクターエンタテインメント

発売日:2006/06/07

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

ゴールデンウィーク

Golden_week
私は東京で過ごすゴールデンウィークがとても好きだ。こういった祝日で東京を離れたのはただの一度バリ旅行に行った時だけ。どこかにいくのはいいのだけれど、空港内や都内に戻る混雑はひどすぎる!ここ近年は、東京に残り人のいなくなった町並みを散歩したり、愛犬クルーゾーが泳ぐ事をこよなく愛する行きつけの千葉の房総ビーチに行くことを楽しんでいる。私が今回訪れた日、太平洋は美しく透き通り、素晴らしい景観だった。東京から100kmしか離れていないというのが嘘のようだ。

I really like golden week in Tokyo. I’ve only ever been away once during this national holiday when I went Bali. It’s great to get away, but the airport and journey back into town is too much! I now really enjoy staying in Tokyo and doing lots of walks, through the empty streets and my usual trip to South Chiba where Cluseau loves swimming at the beach. The day I went, the Pacific Ocean looked fantastic, the colors were really beautiful and clear, it’s hard to believe I was only 100km from Tokyo.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »