« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月23日 (土)

Syn サマー バーベキュー9月22日

Bbq1

この一枚目の写真はパーティー開始直後に撮られたものなので、みんな酒はあまり入っていない状態でニコニコしているが、この状態は長く続かなかった。Wataがお薦めのテキーラの飲み方、それは砂糖とグラウンドコーヒーをまぶしたライムのスライスを口に含んでからテキーラショットを飲み干すというもので、飲んでいる時は、なかなかの美味で上品な楽しみ方だと思ったが、翌朝はそんなに上品なものではなかった。酷い二日酔いになったが、テキーラの新しい飲み方を教えてもらえて、楽しく飲めたとてもいい夜だった。

Here's the Syn crew early on in the evening of our BBQ party. Everyone's looking quite happy and sober, but trust me, it wasn't like that for long. Wata had the bright idea of making Tequila shots with fresh lime covered in sugar and coffee grounds, delicious at the time, painful in the morning. Anyway it was a very fun night and despite the hangover from hell, I really enjoyed the new way of drinking Tequila.


Bbq2_wataquila

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

Studio Voice 記事 9月22日

Studiovoicecover

Studio Voice の10月号(9月5日発売)に Shinzou.jp が掲載された。 要チェック!

Shinzou.jp is featured in Studio Voice October Issue, check it out!

Shinzou_article_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

スティーブン・クラインとマドンナのLouis Vuittonパーティー9月19日

ルイ・ヴィトン六本木ヒルズ店で開催された「スティーブン・クライン & マドンナ コラボレーション エキシビジョン」 a.k.a. 「マドンナ写真展」のパーティー。私は残念なことに見逃してしまったのだが、来日中のマドンナ本人も訪れた。外にいた観衆は大騒ぎ。特にマドンナが店内で購入したグッズを着用して帰った姿には皆大喜びだったそうだ。

September 19th
Louis Vuitton Party for Steven Klein and Maddona

A very fun night indeed with a great exhibition by Steven Klien featuring Maddona. Unfortunately I did not see Maddona when she arrived, but the crowds outside loved it, especially as she wore the clothes out that she had just purchased.


Lv_0919_1


Louis Vuittonの藤井氏と

Here I am with Luis Vuitton Fuji-san


Lv_0919_2


Saatchi&Saatchi Tokyoの土山クリス、Synの木部ちゃこ、
Imagination Japanのクレア・ジョンストン

Chris Doyama of Saatchi's Japan, Chako of Syn
and Clare Johnston of Imagination Japan

Lv_0919_3

Qui QuiのDJ・シンガー、寺本りえ子さんと
With DJ, Singer Reiko Tan of Qui Qui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

面白い バー名9月15日

京都でこんなバーの看板を見つけた。

Kyoto wins the award for the best bar name ever!

Best_bar_name_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園 9月15日

060915_gion_3

私が京都に出張で出掛ける時の一番の楽しみは祇園で京料理を楽しむ事だ。この写真で私と写っているのは料亭 祇園丸山のご主人、丸山 嘉桜(中央)と私の良き友人である広告代理店サーチ・アンド・サーチ東京のクリエイティブ・ディレクター、トニー・ウィリアムズ()だ。祇園丸山でのもてなしと食事は毎回いうまでもなく素晴らしい経験だけれど、それ以上に祇園の師匠、丸山氏に連れて行ってもらった茶屋や隠れバー等は限られた人しか経験することのできない更なる貴重なものだった。なんて幸せ者だろう!(トニーの後ろの芸者さんに注目!)

There's nothing better than going on a business trip to Kyoto and having dinner in Gion. Here I am with master chef extraordinaire "Maruyama" and my good friend Tony Williams, executive creative director of Saatchi & Saatchi Japan. I can honestly say that dinner at Maruyama is one of my favorite experiences ever, but going out to a Gion Tea House and several other secret bars with Gion sensei is something extra special that few people ever get to experience. What a lucky bugger I am! (check out the Geisha behind Tony)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

ヤスミン・ル・ボンin Tokyo 9月13日

060913_yasmin_1_4

森美術館で開催されたLoeweのアート展の代表として呼ばれ、私のかつてのルームメイト、ヤスミン・ル・ボンが17年ぶりに来日した。前回の来日の時、彼女のお腹にはサイモンとの初娘アンバーがいた。ヤスミンはその後もまた可愛らしい女の子をもう2人産んだのだがとても3児の母とは思えない程の抜群のスタイルだ。

知らない人もいるかもしれないので説明させてもらうがSYNという会社名はYasmin (ヤスミン) の"Y"、Simon (サイモン) の"S"、そしてNick (ニック) の"N"の3文字を組み合わせたものだ。ヤスミンとサイモンが付き合い始めたのも、我々3人が仲良くなったのも、彼女と私がルームメイトとしてロンドンのチェルシーに住んでいた1984。3人はそれ以来の大親友だ。ヤスミンが次に来日するのが17年後でない事を願っている。彼女も今回の来日を満喫したようなので、また遊びに来る日は近いとは思うのだが。

060913_yasmin_2azabuhaus_7

After a 17 year gap, my old roommate Yasmin Le Bon came back to Tokyo for the Loewe exhibition at Mori Arts Museum.  The last time Yasmin came here, she was pregnant with Amber, her first daughter and has gone on to have two more beautiful girls, can you believe she's a mother of three and looking like that!

For those of you who don't know, Yasmin is the "Y", her husband Simon is the "S", and I'm the "N" in SYN.  We've been friends since 1984, when we were roommates in Chelsea,  London.  That's when she first started dating Simon and when the three of us became best of friends. I hope it's not another 17 years till she visits again.  We had a great time, so I'm sure she'll be back soon.

060913_yasmin_3_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »