« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月25日 (水)

サンフランシスコでのクレイジーな夜

Another mad night in San Francisco
サンフランシスコでのクレイジーな夜

SF is fast becoming the party town for me. Lots of fun with great friends, long white limos and serious hangovers.

サンフランシスコは僕にとってのパーティ・タウンとなりつつある。素晴らしい友達との楽しい時、白くて長いリムジン、そしてひどい二日酔い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

サンタモニカ空港にあるエアロ・フィルムのランス・オコナーに会う 

Visit to Lance O'Connor at Aero Films, Santa Monica Airport
サンタモニカ空港にあるエアロ・フィルムのランス・オコナーに会う

P1030253
With Lance, Nicholas and Wata
ランス、ニコラス、ワタと共に

My good Irish mate Lance with his collection of toys has the sweetest office ever, he simply walks out of his office into his hanger and takes the company jet to wherever he wants. Check out his website www.aerofilm.tv

僕の良き友人、アイルランド人のランスは、今まで見た中で、最も面白いオフィスで働いている。オフィスを出るとすぐに飛行機の格納庫があり、会社のジェット機でどこでも好きなところに行けるんだ。エアロ・フィルムのウェブサイトはwww.aerofilm.tv

P1030255
The Aero Hanger
エアロ社の格納庫


P1030250
The Aero Jet
エアロ社の自家用ジェット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警告!スティーヴ・ティッシュの駐車スペースには、車をとめるな

Warning, do not park in Steve Tisch's space under any circumstance!
警告!スティーヴ・ティッシュの駐車スペースには、車をとめるな

Yes, an expensive lesson was learned when visiting Aero films, I made the mistake of parking in Steve Tisch's parking space and when I returned from lunch, he's had my car towed away, making it the most expensive sandwich I've ever eaten.

そう。エアロ・フィルムを訪問した際、ちょっとした事件が起きた。僕は知らずにスティーヴ・ティッシュの駐車スペースに車をとめていたんだ。ランチから戻った時、僕の車は既にレッカー移動されていた。そういう訳で、その日食べたサンドイッチは、今までで一番高くついてしまった。

Steve_tisch_1
Not the county Jail, but close, you wouldn't want to mess with the guys who run this place.
拘置所ではないけれど、ちょっと近いものを感じる。ここで働く人たちとは、あまり関わりたくないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

4月23日 LA でのレコーディング

Recording in LA April 23rd
4月23日 LA でのレコーディング

P1030305_2

I'm working on a new album and one of the songs had to be recorded in LA. The song is very inspired by Van Dyke Parks, Beach Boys, ELO. We needed to be in a place of sunshine and amazing musicians who played on the records that inspired this sound and song. We recorded in a house studio called L.A.F.X., quite an amazing place, literally a house on a residential street in the valley, really well equipped with a fantastic 70's vibe and great sound. Todd Hayen orchestrated, arranged and conducted the band, which included strings, brass, woodwinds, harp, dulcimer, bass harmonica and of course drums, bass piano which had already been recorded in Tokyo. The song is still not complete, I'm now working with my long time friend and partner Nick James back in Tokyo and we're making a short film on the production of this song with Nicholas Hester for a future Podcast.

今、新しいアルバムを制作している。その中の1曲を LAでレコーディングすることになった。その曲は、ヴァン・ダイク・パークスビーチ・ボーイズELOに強い影響を受けているので、太陽の光が溢れて、素晴らしいミュージシャンたちのいる場所に行く必要があった。今回僕たちがレコーディングしたのは、L.A.F.X.という、まさに驚くべきスタジオだった。L.A.F.X.は、バレー地区の閑静な住宅地にある一軒家のスタジオで、70年代の雰囲気と素晴らしい音、多様な機材を備えている。トッド・ハイエンが 管弦楽器、ハープ、ダルシマー、バス・ハーモニカ、そして打楽器とバス・ピアノを含むオーケストラ用のアレンジと指揮を担当し、これは既に東京でのレコーディングを終えていた。まだ、この曲は完成していない。東京に戻った今、長年の友人でパートナーでもある、ニック・ジェームスと共に作業を続けている。それから、ニコラス・へスターと共にこの曲の制作過程を追った、ポッドキャスト用の短編ドキュメンタリーも制作している。


P1030316_1


P1030309_1


P1030300_3
P1030269_2
Img_0052_3


P1030279_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

サンタ・バーバラへの空の旅

A Little Flight to Santa Barbara
サンタ・バーバラへの空の旅

P1030210

Michael Becker took me up for a nice little flight, the plan was to go to Santa Barbara for lunch, but it was rather bouncy and cloudy, so we ended up just cloud hopping all afternoon. Not advisable if you've had ramen for lunch.

マイケル・ベッカーが素敵な空の旅に連れて行ってくれた。サンタ・バーバラでランチを食べにいく予定だったんだけど、その日は曇っていて、飛行機はもの凄く揺れた。結局その午後は、雲の中で跳ね回っているだけで終わった。こんな時、ランチにラーメンを食べることだけはお勧めしないね。

P1030215
With Michael Becker ready to empty some fuel out so we could take the chicks up with us
飛行機に女の子たちを乗せるため、マイケル・ベッカーと一緒に、タンクから燃料を出しているところ


P1030222

Strongman Becker
ベッカーは力持ち


Img_0029_1
Captain Becker
ベッカー機長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

4月19日 エリック・グランバウムの誕生日パーティ@ル・バロン

Eric Grunbaum's Birthday at Le Baron (April 19th)
4月19日 エリック・グランバウムの誕生日パーティ@ル・バロン

Eric

My good mate Eric happened to celebrate his birthday in Tokyo this year. Eric is the Creative Director at MAL Los Angeles and does all the cool Apple and I-Pod commercials.

僕の良き友人エリックが、今年は東京で誕生日を迎えた。彼は、ロサンゼルスの MALのクリエイティブ・ディレクターで、アップル社や I-Podのクールなコマーシャルを制作している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

シャーデーのキーボード奏者、アンドリュー・ヘイルがSynを来訪

Andrew Hale of Sade visits Syn
シャーデーのキーボード奏者、アンドリュー・ヘイルがSynを来訪

Andrew_3


It's amazing, but 23 years back, when I was living in London trying to get my foot in the door and make a career in music, I went for a job at Power Plant studios in London. The owner Robin Miller told me to come and work for 3 days on a session he was producing which turned out to be Sade's first album. 23 years later, it was great to meet Andrew again when he visited Syn Studios, I look forward to the chance of Andrew recording at Syn one day.

とても嬉しいことがあった。23年前、ロンドンで音楽のキャリアをスタートしようとしていた僕は、パワー・プラント・スタジオでの仕事をもらった。スタジオのオーナーのロビン・ミラーがプロデュースしているセッションで、3日間働かないか、と声を掛けてくれたんだけど、実はそれがシャーデーのファースト・アルバムだった。23年経った今、東京のSynスタジオでアンドリューと再会できるなんて最高。いつか、Synでアンドリューのレコーディングが出来ることを楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »