« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

Recording in LA with John Jones
ロサンゼルス、ジョン・ジョーンズとのレコーディング

I've been trying to make some progress on my new album and have started working with producer John Jones. We did 3 days of work in LA working with 2 different guitarists, both of whom had private studios in their house which is the normal way to work now. If you hire a musician, most of them prefer to record in their own studios where they have everything set up, guitars, amps, microphones etc.. I'm going to be doing a lot more with JJ in the coming months.

アルバム制作を進めるべく、ジム・ジョーンズと仕事を始めた。ロサンゼルスで3日間レコーディングをし、2人のギタリストも参加。こちらではみんな自分のスタジオを持っていて、自宅でレコーディングをするのが主流。そのため、もしミュージシャンに仕事を依頼した場合、みんな自分のスタジオでのレコーディングを希望する。ギター、アンプ、マイク・・・全てがセットされてるからね。今後もジム・ジョーンズとレコーディングを行う予定。

Sean Hally and John Jones
ション・ハリーとジョン・ジョーンズと

R0012454


| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA August 2008
8月、ロサンゼルス。

If you've ever wondered why so many movie stars live in Malibu, this is why. You basically live on top of the Ocean and it's beautiful, but very expensive. I was lucky to stay at my friends Lance and Clare's house for the night. It was gorgeous.

どうして多くのハリウッド・スターがマリブが住むかの答えがここに。美しい壮大な海の上で生活できる...が、物価はとても高い。友達のランスとクレアのお家にお邪魔出来てラッキーだった。本当にゴージャスなご自宅。

R0012432

With Clare at Nobu Malibu. The food was excellent.
NOBUのマリブ支店にて。料理が最高だった

R0012438

With my mate Lance after we'd done and 6 mile run and had a swim in the Ocean
友人のランスと6マイル+海で泳いだ後の一枚

Img_0045

Working in Lance's offices at Aero Film
エアロ・フィルムのランス氏のオフィスにて


R0012447

Skip Short co founder of Aero Film keeps his Marcetti at Santa Monica airport, he flies every lunch time so I asked him if I could go

毎回ランチにジェットに乗るスキップ・ショートと同乗させてもらうことに!

R0012439

Preparing for the flight
飛ぶ準備万端

R0012441

As soon as we started the engines, there was an oil leak, so we can to cancel the flight. Rather it happened on the ground than in the air.

と思いきや、飛び立つ前にエンジンのオイルリークが発覚。そのためフライトはキャンセルに。残念だけど、飛び立つ前でよかった・・・

R0012443

The view from the London Hotel West Hollywood. You get free phone calls to England if you stay here, which is really strange.

ウェスト・ハリウッドのロンドン・ホテル。ここに宿泊すると、なんとイギリスまでの電話の通話料が無料に。不思議だ。

R0012452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New York August 2008
8月、ニューヨークにて。

I went to New York to record vocals with Bebel Gilberto for the forthcoming album of Silvio Annastacio. First stop on arrival was a Pizza in Greenwhich Village

シルヴィオ・アナスタシオのニュー・アルバムのレコーディングをベベル・ジルベルトと行う為にニューヨークへ。まずは、グリーニッチ・ヴィレージにてピザを!

R0012420

After eating all that Pizza, I woke up really early and had a walk through central park, which was surprisingly beautiful.

たくさんピザを食べた翌日、早起きをしてセントラル・パークを散歩。とても綺麗だった。

R0012422

The recording session took place at Sear Sound, the oldest studio in New York. The record is being produced by Wata Igarashi

ニューヨークでも最も古いレコーディング・スタジオ「シアー・サウンド」にてレコーディング。今回のプロデューサーのワタさん

R0012425

The star of the show Bebel Gilberto
大スター、ベベル・ジルベルト 
http://www.bebelgilberto.com/v3/

R0012427

Bebel and Wata
ベベルとワタさん

R0012431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i sentieri

My good friend Mario Frittoli opened his new Italian restaurant in Nishi Azabu early August. It's a late night place with great food and wine, worth checking out.

僕の友人、マリオ・フリットリさんが8月初旬に西麻布に新しいイタリアン・レストランをオープン。夜遅くまで営業していて、料理とワインが素晴らしい場所なので興味ある人はチェックしてみてください。

i sentieri

R0012384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 1st, 2008
2008年8月1日

My company Syn moved to new offices in Aobadai on August 1st and had a traditional Shinto Buddist blessing to ensure continued success.

僕の会社、シン・エンターテイメント株式会社が青葉台に引っ越しをしました。初日に、今後の成功と安全をお願いすべく神道の儀式を行いました。

R0012371

Emovingcard

The Syn team outside our news offices
シンのスタッフ、新しいシンのオフィスの前にて

R0012379

| | コメント (0) | トラックバック (0)

There's nothing like going home to my parents house in Angelsey, great walks, food and of course the pub.

アングルジーの両親の家に帰ることは至福の時。いい散歩、美味しい食べ物、そしてもちろん良いパブ!

R0012226

R0012228

My parents now have 3 little piggies
両親が飼っているコブタちゃん3匹

R0012235

Walking with my dad to the mill
風車まで父と散歩

R0012248

R0012250

A quick work out on the trampoline
トランポリングでトレーニング

R0012252

A pint at the Bull's Head in Beaumaris with my brother and dad
ブルズ・ヘッド・パブで父と兄とビール・タイム

R0012260


| | コメント (0) | トラックバック (0)

There's nothing like a cold English summer and a pint of beer outside!
寒いイギリスの夏に外で飲む冷たいビールにかなうものなナシ!

R0012037_2

One of my favorite London restaurants Langan's Brasserie, I've been going here for 25 years and I'm still served by the same waiter Terry after all these years. My favorite started is the spinich Souffle.

僕の大好きなロンドンのレストラン、ランガン・ブラセリ。もうかれこれ25年間行き続けてるレストランなのに、未だに同じウエイターさんのテリーに接客してもらってるんだ。大好きなメニューは、ほうれん草のスフレ。

R0012040

Outside Langan's Brasserie
ランガン・ブラッスリーの前で

R0012062


Brasserie_title_2
http://www.langansrestaurants.co.uk/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Marc's wedding day.

July 5th, 2008
2008年7月5

It was an amazing wedding and being best man was a fantastic honor and experience. I even DJ'd and people actually danced!

本当に素晴らしい結婚式で証人をつとめさせてもらえたことは心から光栄だった。それにその日はDJまでやったんだ!みんな踊ってくれたよ。

Nigel and Marc for the boys breakfast
朝食をとるナイジェルとマーク

Jul4_1

With Marc Nigel, Paul and Teru on our way to the church
マーク、ナイジェル、ポール、そしてテルと協会に向かう途中で。

R0011938

John and Polly Wood, my mum and dad
僕の両親、ジョンとボーリー・ウッド夫妻

R0011939

with Jony the best supporting best man
一番のサポート・マン、ジョニーと

R0011949

Aiden, Aqua and Skye, the brides maid and page boy
フラワーガールとフラワーボーイをつとめたエイデン、アクア、スカイ

R0011954

The happy couple and baby Imogen
ハッピーカップルとベビーイモゲンちゃん

R0011962

I'm the designated driver to take the married couple onto the reception party
新郎新婦をパーティー会場まで送り届ける運転手をつとめた僕

R0011967

The best dress of the day
ベスト・ドレッサー賞!

R0011987

Marc takes a quite moment alone with the sheep and a bottle of DP to contemplate what it's all about.

ドンペリを片手に羊と自然とともにこの瞬間に酔いしれるマーク

R0011995

Marc celebrates with Charlotte
マークとシャーロット

R0012007

DJ Nick Wood
DJニック・ウッド

R0012022

Proof that my DJ set received a positive reaction from the groom
僕によるDJの評判を表す図、マークのダンスする姿

R0012028

From VOGUE NIPPON October 2008 issue Special Booklet
ヴォーグ・ニッポン 2008年10月号 特別号より

Vogue1_1


Vogue1_2 Vogue1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Marc Newson's stag night

Blog from July 3rd.  
7月3日のブログ。

A great line up of friends gathered July 3rd for our mate Marc Newson's stag night. As best man, I felt this momentous occasion deserved black tie. Here we our photographed outside London's Claridges hotel, our base camp for the evening's festivities.

7月3日に男性だけの親しい友人が集い、マーク・ニューソンの「独身さよならパーティー」を行った。付き添い人の役目を勤める僕としては、この重大な行事に黒い蝶ネクタイはかかせず。この写真はロンドンにあるクラーリッジホテルの前で撮影したもの。

Star studed line up from left to right: Joel, Sean, Marc, Teru, Jony, Paul, Tony, Nicholas, Nigel, Stuart and me

このスター・ラインアップは、ジョエル、ショーン、マーク、テル、ジョニー、ポール、トニー、ニコラス、ナイジェル、スチュアートと僕。

R0011903


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »